在宅スタッフのブログ

2019.10.18

はじめまして。

訪問看護ステーションわかばの中村です。
10月より理学療法士として働いてます。

高校生までサッカーをしていまして、全国大会も出場したことがあります。
今は5歳と3歳の息子に英才教育をしようと奮闘しています。
2人の息子と3番目に長女、12月には次女が産まれる予定です。
今でも、子供3人でバタバタした生活を送ってますが、もう一人増えるとなると・・・怖いですヽ(°ω°)

私は高校卒業後、トラックの運転手を8年間しておりました。
その時に遠くに住んでいた祖母が在宅ケアを受けており、時々様子を見に行っていたのですが、
ケアに来られるスタッフさんにとても感謝していました。

その姿を見ているうちに「自分も・・・」と言う気持ちが沸いてきました。
そこで、一念発起して転職を考え始めました。
医療や介護のことに関しては全くの無知でしたが、
サッカーをしていたこともありリハビリに対して興味がありました。

運良くリハビリの助手の仕事が見つかり、医療の道に進むことになりました。
それから、働きながら専門学校に4年間通い、理学療法士の免許を取得しました。
免許取得後は病院の通所リハビリや通所介護など在宅でのリハビリに従事しておりました。

この度、理学療法士になる「きっかけ」を想いだし、在宅でのリハビリに関わりたいと考えました。
脚の筋力やバランス能力、転倒予防に関することなど皆さまのお役に立てると思いますので、
何かお困り事がありましたらお声かけください。

一番上に戻る