ホーム > 超高濃度ビタミンC点滴療法


超高濃度ビタミンCとは?

超高濃度ビタミンCとは? 抗がん作用

2005年にアメリカの有名なNIHという研究機関が『高濃度ビタミンCに抗がん作用がある』という研究結果を発表したことでアメリカで空前のブームとなりました。

残念ながら日本ではまだ保険適応はないのですが、目立った副作用がないことから、東京を中心としたガン専門外来のクリニックで盛んに行われています。ガンそのものの治療はもとより、抗がん剤の副作用を軽減する効果もあります。
投与から1~2週間で症状の緩和がみられます。

また、細胞の周りにコラーゲンを作る作用もあるため、転移再発の予防にも用いられています。

その他、美容面にも効果が期待できるため美容クリニックでも広く使われている治療法です。
当院では、効果を感じられ1カ月に1度から毎週受けられる方までいらっしゃいます。



がんや抗がん剤での副作用でお悩みの方はこちら
超高濃度ビタミンC点滴療法


点滴の効果

抗がん作用以外にも、下記のような効果があります。
健康面
  • 免疫機能の強化
  • 風邪の予防
  • 疲労回復効果
  • 抗酸化作用
  • 生活習慣病予防
  • 老化予防
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛関節痛
美容面
  • 肌の美白効果
  • コラーゲン生成によるしわ・たるみ防止
  • 保湿効果
  • アトピー性皮膚炎などのアレルギー肌改善効果免疫機能の強化

当院の超高濃度ビタミンC点滴療法

当院の超高濃度ビタミンC点滴療法

当院では、テレビ完備のリラックスルームで点滴を受ける事が出来ます。

※点滴を受ける前に、G6PD異常の有無の検査(採血)で異常が無い事を確認しなければなりません。
検査結果に約3日間位要します。