ホーム > 一般診療

内科

下記の症状がある方はお越しください

  • かぜ
  • 腹痛
  • インフルエンザ
  • 生活習慣病

消化器内科(内視鏡検査)

痛みの少ない内視鏡検査 痛みの少ない内視鏡検査

一般的には胃カメラと言ったりしますが、上部消化管内視鏡検査(食道、胃、十二指腸の観察)を行えます。

当院では特に、拡大内視鏡と言って、通常のカメラの先端に、顕微鏡のような機能がついており、100倍ほどに視野を拡大して観察できる内視鏡を導入 しております。それによって、病変の悪性の判断を早期に行うための情報を得る事が出来ます。

絶食にて来院していただければ、基本的にはどなたでも行う事が出来ます(但し、事前に予約をお願いします)。また、胃カメラがきついとか、敬遠される方におきましては、経鼻内視鏡(鼻から挿入する内視鏡)も導入しており、苦痛の軽減が期待できます。

超音波検査

超音波
超音波

最新の超音波機器導入しており、腹部超音波(肝臓、胆のうや膵臓、虫垂などの消化管検査)、頚部超音波(甲状腺など)、頚部血管超音波(動脈硬化や脳梗塞の補助診断)検査が行えます。

造影超音波

CTやMRIなどで癌などの診断を行うために、造影剤を用いて検査をするのですが、腎機能の悪い方には行う事が出来ず、診断がつけにくい場合があります。 そこで、ごく最近保険適応になった検査で、造影超音波というもとがあり、当院で行う事が出来ます。超音波検査時に超音波用の造影剤を使用するのですが、この造影剤は腎機能にはほとんど左右されず、腎機能が悪い方でも行う事が出来ます。
加えて、超音波ではCT,MRIに比べて、数ミリの病変でも描出する事が 出来るのですが、造影剤を使用する事によって、病変を見つけるだけではなく、早期の段階で、癌かどうかの判断がかなりの頻度で可能です。

禁煙外来

お医者さんのサポートで禁煙をはじめましょう! 禁煙外来


禁煙したい!!と決められましたら、
早めの禁煙外来受診をおすすめします。

習慣でからだに染み付いた煙草に対する心理的な依存や、イライラなどの禁断症状は、一人での克服は大変むずかしいものです。医師や薬の力を利用することで、強いニコチン依存』は解消できるのです。

当院での禁煙外来では、身体・精神的にサポートし、内服による禁煙治療を行っております。
約65%以上の禁煙成功率です。

なお、薬の服用中は車の運転が一切できませんのでご注意ください。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時呼吸障害は、眠っている間に異常な呼吸となり、しかも身体に様々な障害がでる病気です。

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時呼吸障害と呼ばれ、昼間の眠気、いびき、呼吸停止(無呼吸)などがあり、合併症として、肥満、高血圧、高脂血症、不整脈、多血症、虚血性心疾患、脳血管障害、糖尿病などがあります。

当院ではその診断を行う事ができます。(予約制)